子供にあった講師ですか?

今はスター性のある講師が多く、メディアにも多数有名進学塾の講師が登場しています。カリスマ性を持っている講師は生徒の集中力を切らすことなく授業を展開し、生徒の学力向上が顕著だといいます。でもこうした講師以外にも実力のある講師が多数存在しています。

実力があり実績経験共に申し分ない講師でも、お子さんの性格にあっていなければ、いい講師となりません。要はいい講師といわれていなくてもお子さんの成績が向上する指導ができるお子さんにあった講師が担当してくれることが大切なのです。

ではお子さんにあった講師を見つけるためにはどうすればいいのかというと、お子さんが一度体験してみるのが一番です。個別指導塾では指導体験を行っているところも多く、実際に個別指導を体験してもらい、入塾するかどうか判断してもらうようにしています。こうした体験を利用する事で、お子さんが個別指導とはどういう指導なのか理解する事ができますし、保護者も体験を見学する事ができるため、指導内容がわかりやすいでしょう。

体験して講師や塾スタッフの印象がよければ、講師との面談を行い、お子さんの性格、学力を配慮した指導カリキュラムを作ってもらうといいでしょう。せっかくの個別指導です。お子さんにあった指導者なのか、これはとても重要な事なので、妥協することなく講師について理解を深めましょう。