国語力向上に個別指導塾を利用する

お子さんは本を読むのが好きでしょうか。中学受験に備えて新聞などを読ませているでしょうか。文字を読む、言葉を知る、文章に慣れるためには活字を読むことが一番です。中学受験に特化した進学塾などでは、新聞や本をより多く読むようにと指導されることも多く、文章を読むことで付く読解力、想像力、思考力、記憶力は中学受験に必要不可欠と判断されています。

中学受験で非常にわかりにくい問題が出題されることがあります。問題の意図が読みにくい、難解な問題です。こうした問題を、中学受験を実施する中学サイドが出すのは、お子さんの思考力や想像力、判断力などを見極めるために行うものです。本を読む事に慣れているお子さんは、長文であってもしっかり読み解き、問題の意図を理解し解答していきます。

長文に慣れていない、読書の習慣がないお子さんはたとえ数学の問題であっても問題の意図がわからずちんぷんかんぷんな解答をする事も多いのです。理解力や思考力、想像力は、私立中学で行う授業についていけるかどうか非常に重要な力です。この力を持つためには、低学年時から読書する習慣をつけ、活字を読むことが負担とならないようにすることが必要です。

個別指導塾では国語力を向上させることが算数の難解問題を解く力になるとして、長文問題などに力を入れています。子供一人ひとりに綿密な指導ができる個別指導であれば、長文問題の意図を読み取る力の指導もきめ細かく指導してくれます。