算数だけでも個別指導を利用する

難関中学と呼ばれる中学校ほど、算数に力を入れているといわれています。中学受験を行う難関中学、また御三家といわれる超難関中学などでも、特に算数は重要科目として捉えているため、算数の成績が中学受験の大きなポイントとなっています。

保護者も教育熱心な方は算数という科目の重要性を理解しているため、小さい頃から算数だけでも学習塾に通わせる等対策を練っていますが、小学校の高学年になってから中学受験を考え始めたとなると、算数の基礎学力の問題もありこの科目が中学受験の大きなネックとなる事があります。

中学受験をする際には塾に通う事が、中学受験攻略テクニックを身に着けるため必須事項といわれていますが、算数が弱い状態で進学塾に入塾しても、成績が伸びるとは言いきれません。進学塾の学習スピードについていけないお子さんもいますし、進学塾で指導する内容が全く分からないというお子さんも出てきます。

高学年時になって中学受験を考え、しかも重点科目となる算数が苦手というお子さんは、個別指導塾で基礎学力を出来る限り上げる指導を受けましょう。算数がどこでわからなくなったのか、個別指導塾の講師はそのお子さんのウィークポイントを探し丁寧に指導してくれます。算数を制する者こそ中学受験に打ち勝つといわれているほどです。算数だけでも個別指導塾を利用し点数アップを狙いましょう。