個別指導、家庭教師も考える

中学受験が本当に近くなり、追い込みという時期になると個別指導塾はとても忙しくなります。大手進学塾に通いながら個別指導塾でさらに追い込み学習を行うというお子さんも少なくありません。特に苦手科目があるお子さんや基礎学力が十分でないお子さんに関しては、短い期間だけでも進学塾と個別指導塾などダブルスクールを考えるご家庭も少なくありません。

進学塾でも当然追い込みをかけて全体で学習レベルを上げていく取り組みを行っていますが、個人の成績を加味して学習カリキュラムを組み直すという事は行いません。受験間近になってから成績が落ちる事もありますが、そこにかまってくれるほど集団指導塾は甘くないので、こういった際に個別指導塾を利用するのです。

お子さんが受験に対して不安を持っているようならなおさら、不安を払拭するためにも個別指導塾を利用してあげるといいでしょう。もう一つ勉強する場所があるということで精神的に安定するという事もあります。

個別進学塾が近くにないのなら家庭教師を考えてもいいのですが、家庭教師を選ぶ際には中学受験を経験した学生さんやプロ講師を選択する事が必要です。特にお子さんが志望する学校の受験経験がある家庭教師がいれば、ベストです。