自宅から近い塾を利用する

難関中学を受験するのは首都圏のお子さんばかりではありません。地方に暮らすお子さんの中にも、例えば祖父母の家が首都圏にある事で、そこから私立中学などに通うため、上京し祖父母の家から私立中学に通うという事を目的として遠い進学塾に時間をかけて通うお子さんもいます。

進学塾があまりにも遠いと通う事だけで体力を消耗しますし、だんだんと無理が出てきます。この場合、近くに中学受験の指導経験がある個別指導塾などがあれば、無理して大手進学塾に通わず自宅から近いところで指導を受ける方がいい場合もあります。

難関中学に行くという目的があると、どうしても実績の高い大手進学塾に行くことが必要と考える保護者が多くなりますが、実績や経験豊かな個別指導塾も多数あります。最近は地方でも中学受験の経験者が講師を務める個別指導塾などが多数出てきていますので、こうした塾を利用するという事も考えるべきです。

受験するのはお子さんです。それも中学生、高校生ではなく小学生です。小学生は親が思うほど体力がなく、塾通いで疲れ切ってしまうお子さんもいます。本番で体調を崩し実力を発揮できなかったというお子さんも多いので、塾への距離、交通手段などもよく考えて塾を選択することも大切なことです。