基礎学力向上に利用する

最近は低学年から塾に通うお子さんが多くなっています。習い事ではなく、進学塾や個別指導塾に通う低学年のお子さんです。保護者の教育意識が高いと、低学年時から中学受験に備えた教育をと考え、進学塾などに通わせることが多いのですが、低学年時こそ、個別指導塾の指導が効果を発揮します。

小学校の低学年は基礎学習を行う時期です。でも私立小学校では先取り学習を行っているところが多く、中学受験を考える年代になると、私立小学校に通っているお子さんと公立小学校に通っているお子さんの学力に大きな差が出てきます。この差を縮める、開かせないために、公立小学校に通っているお子さんこそ、個別指導塾で先取り学習を行っていきましょう。

進学塾の中でも個別指導を行う塾が多くなっており、中でも低学年時を募集する塾も多くなっています。基礎学習を徹底する、また先取り学習をすることで、高学年時に余裕をもって学校の勉強ができる、また受験に沿った勉強ができる状態に仕上げてくれます。

自学を行う事も重要ですが、中学受験を考慮した個別指導塾では先に余裕ができるような指導を低学年のお子さんにレクチャーしてくれますので、これは活用しておくべきでしょう。私立小学校のお子さんも、基礎学習固めに個別指導塾を利用する事が多くなっています。