日々の予習復習に利用する

中学受験ではレベルの高い学力が必要となるため、小学校の授業では習う事のない学習を塾等で指導されます。塾が中学受験に必須といわれるのは小学校の授業だけではどうしてもクリアできない問題が多く出題されるからです。

中学受験を目指すお子さん、保護者の中には、学校の勉強なんて中学受験に役立つことはないから他のテキストなどを頑張ってやればいいという方もいます。宿題だけをしっかり行っておけば内申点にも傷がつくこともないし、授業はそこそこやっておけばいいというのです。でもこれは間違いです。

小学校で今授業で行っていることを塾でかなり前に指導を受けたというお子さんが多いかもしれません。以前塾でやった学習を学校で先生がまた指導してくれるのですからこれほどいい復習はありません。もしかしたら、あれ?わからないと思う事もあるかもしれません。学校の授業はそこそこやればいい、という事でなく、学校の授業こそ最高の復習時間となると判断し、もう一度おさらいのつもりで先生の話に耳を傾けましょう。

そこでわからないことが出てきたら、またテキストなど利用してやり直し学習をすればいいのです。学校の授業は全く無駄ではなく、中学受験を目指すお子さんにとって、最高の復習となると考えておくといいでしょう。