志望校選定から個別指導選択

進学塾に通っているお子さんも、中学受験が近くなると志望校の選定に入ります。だいたい最終決定は小学校6年生の秋といわれていますが、この段階の前に志望校を決定しているお子さんもいます。志望校を早く決定する事は、志望校の受験傾向に合わせた学習ができますが、最終段階まで志望校が決定しなかったお子さんは、志望校決定と同時に入試対策を行わなくてはなりません。

志望校によって受験の際に出される問題が違います。学力レベルがぎりぎり、また苦手科目があるというお子さんは、進学塾に通っているというお子さんでも、個別指導塾など苦手克服が出来る塾にも通う必要が出てきます。保護者の経済状況などにもよりますが、この段階で志望校が決定し苦手科目をなんとかしなければという状態なら、個別指導塾などや家庭教師などを依頼する事も視野に入れておくことが重要です。

個別指導塾で志望校の受験に備え苦手科目を克服すれば、入試の際、全体の点数をあげることもできます。より合格に近づくことができます。志望校を決定した時点で個別指導塾への依頼を考慮し、苦手科目克服と同時に、得意科目の点数向上にも力を入れていきましょう。志望校が決定すればよりやる気も出てくるはずです。