集団指導プラス個別指導

私立中学に行かせるのはいいけれど、どのくらいお金がかかるのかしら?と不安になっている保護者もいます。確かに公立中学に行くよりもかなり費用がかかります。授業料に加えて施設拡充費や保護者会費などもかかってきますし、その前の段階でも費用がかかります。中学受験に備えた塾の費用もかなり大きなものです。

お子さんが小学校4年生から6年生まで進学塾を利用すると、塾の月謝だけ換算しても170万位かかります。これに加えて学力向上のため、夏季講習への参加、模試への参加、勉強合宿への参加などが加わってくるとさらに費用がかかります。特に小学校最終学年となる6年生では、年間100万円以上が塾など学校以外の費用として掛かるといわれていますので、保護者は教育資金の事についても考えなければなりません。

また、頭の痛いことですが、中学受験の4科目中、算数や国語など、各中学で重点科目としている科目が弱いお子さんは、進学塾に加えて個別指導塾などを利用する事も考えるため、ダブルスクール状態となり、より費用がかかる事になります。

お子さんが行きたいと考える、また保護者が行かせたいと考える志望校へ入学させるためです。集団指導プラス個別指導を利用する事も考えておく必要があります。