集団指導か個別指導か

中学受験を考える保護者の多くの悩みに、塾の選択があります。首都圏にいるとかなり多くの進学塾がありますので、余計に悩みますし、都市部から離れているところから、中学受験に挑む際には、塾の種類も悩みますが、送迎などの問題もクリアしなければならないので、塾選択はかなり悩まれるでしょう。

塾は大きく分けると集団型と個別方に分ける事ができます。いずれもメリット・デメリットがあるのでそこを理解した上で、お子さんの学力や性格を考えながら塾を選ぶ事が重要となってきます。

集団指導型は進学塾に多く、多人数を講師一人が指導するという方法です。学力によってクラス分けされているので、周りは同じくらいの学力レベルを持ったライバルだらけです。小学校の授業では向かうところ敵なしという成績を持ったお子さんでも、中学受験にチャレンジするお子さんが集まる進学塾でそうはいきません。向上心が養われるため、成績がいきなり上がっていくお子さんもいます。

個別指導塾は、講師と生徒がマンツーマンまた、少人数制のクラスで学習するため、大勢の中で委縮することなく、そのお子さんの学力にあった指導を受けられるという魅力があります。得意科目はドンドン伸ばし、不得意科目は基礎からやり直すなどお子さんの学習スピードに合わせた指導が魅力です。中学受験に向けてどの塾をどう利用していくか、塾の特性をつかみ選択していきましょう。