各学校によって出題傾向が異なる

志望校の設定は早い方がいいといわれます。中学受験では各学校が独自に問題を出題していますので、志望校によって出題傾向をよみその傾向に沿った学習が必要となります。各進学塾では、難関校と呼ばれる私立中学や、近年多くなっている中高一貫教育校の出題傾向をいち早く入手し、指導の中に取りいれています。

難関校と呼ばれている有名私立中学の出題の中には、大人が考えても解くことが難しい難問が出てきます。国語にしても算数にしても、記憶や法則だけではとても解読できない問題があり、こうした問題は何度も繰り返し学習する事で身に付きます。

最近はこの超難解問題に加えて、算数などで正確に早く計算できる能力を試す計算問題が多数出題されています。私立中学等では難問を中学受験で出題するよりも、入学試験では計算の基礎能力、柔軟性がどのくらいあるかを見極め、その精度の高い生徒を選抜し、中学の授業で想像力が必要な難解問題を解ける指導をしていけばいいと考えるところが出てきています。

出題傾向は各中学によってかなり違いますので、個別指導塾でもその年の出題傾向を早く集め、指導内容、カリキュラムに活かす努力をしています。志望校選定は出来るだけ早く行うと、個別指導塾でも指導しやすくなり、志望校に特化した指導ができるようになります。