中高一貫教育が多くなっているわけ

中学受験に注目する保護者が多くなった理由の一つに、中高一貫教育校の増加があります。私立も公立も、中高一貫教育に乗り出す学校が多くなり、最近は中学受験のために個別指導塾を利用するご家庭の中に、志望校が中高一貫教育校だというお子さんが多くなってきています。

中高一貫教育では、通常中学3年、高校3年という期間で教育を受けるのではなく、中等教育として6年間の一貫教育を行うという特徴があります。私立中学の多くが、先取り学習を行っていますが、中高一貫教育校でも中学から高校年代までが一つの学校となっているため、中学から高校に行く際の受験はなしで(進学試験がある学校もあります)、大学に行く年代になって受験勉強をすればいいという利点があります。

普通は中学校3年生で高校に入るための受験体制が必要となり、また高校3年生で大学に入るための受験体制が必要となります。でも中高一貫教育校なら高校進学はそのまま進みますので、大学に行く際の高校3年生の時に、受験勉強ができる状態にしておけばいいのです。そのほかの年代で先取り教育を行っておけば、高校3年時、1年間をすべて受験勉強の時間として利用できるという魅力があります。

中高一貫教育は6年間という長い時間を過ごすため、高校で生活が変わるというストレスを味わう事もなく、心にゆとりを持った教育ができるという事も特徴です。個別進学塾でも、中高一貫教育を行う難関校の指導を行うところが多くなっています。