私立中学の魅力とは

中学受験をしても入学したいと考える私立中学の魅力、それは何といっても独自のカリキュラム、教育方針があるという点です。公立中学にも中学毎に教育方針や理念が存在していますが、国の教育指導方針を曲げてまで教育理念を貫くカリキュラムが組まれることはありません。

私立中学は国公立ではなく私立という立場なので、国の教育方針に沿って指導カリキュラムを組む必要がないので、より高度でレベルの高い教育カリキュラムを組むことができます。先取り教育が私立中学のもっとも魅力的な教育といわれていますが、こうした先取り教育を行う事ができるのも、私立、また中高一貫教育校ならではなのです。

また私立中学は部活動が非常に活発なところが多く、まさしく文武両道を行く学校が多いです。勉強も運動も常にレベルの高い状態で出来るという魅力も持っています。公立中学では施設がかなり古いところがありますが、私立中学では体育館も教室も清潔で新しいところが多く、補修などもすぐ行われるため、安心してお子さんを通わせることができます。

公立学校とは全く違う魅力があるからこそ、個別指導塾や進学塾などを利用してまでも、私立中学を受験し入学を希望するのです。高校、大学受験時になるとより一層、質の高い教育を受けられる私立中学でよかったと感じる事が多くなります。